スピリチュアルを考察するブログ

スピリチュアルについてさまざまに考察してゆくブログです。なお、コメントへの返信が遅れることがありますが、ご容赦くださいませ。

霊視か? レビー小体型認知症か? (母の場合)

前回、レビー小体型認知症について書きましたが、

それだと、私の母もそうかもしれないですね。

これまでもこのブログに書いてきたように、

母は霊感が強いようで、度々霊らしきものを見るんですが、

しかしそれも実際は霊ではなく、 レビー小体型認知症かもしれないとも言えるわけです。

ついこの前も、部屋の明かりを消して寝たんですが(母の介護をしてるので、同じ部屋に寝ています)、眠る前に母が何か言ったので聞き返すと、

私の枕元に、見知らぬおじさんが立っているというのです。

ジャンパーを着ていて、頭にはハンチングをかぶっているんですが、

下を向いて立っているので、顔はわからないというのです。

そのおじさんが下を向いたまま立っていたそうなんですが、

母が私に声を掛けたらその人物は消えたそうです。

その時も霊が見えたのかと思ってたんですが、

実は霊ではなく、レビー小体型認知症の症状だったのかも思ってるところなんです。

もちろん、私は人がそばに立っている気配など感じませんでしたし、

それに明かりを消して部屋が暗いのに、母にはその人物がはっきり見えたというのも変ですし。

母はまだ眠ってなかったので夢ではないと言ってますが、認知症による幻覚なら部屋の明かりは関係ないと言えるのかもしれないですね。

母は年老いてきて介護が必要ですが、頭はまだしっかりしてるので認知症ではないだろうと思ってたんですが、認知症の症状も出てきてるのかもしれないですね。

しかしそれでも今までの母の霊視と思われる体験も全てレビー小体型認知症の顕れなのかというとそれは違うと思ってます。

まだ若い時から霊らしきものを見てますし、実際に霊を見てることもあると思ってます。

つまり母の場合、霊視も認知症の症状も両方あるんだと思います。

しかしそれだとどこまでが認知症による症状で

どこからが霊視なのか分かりにくいのは確かです。

本当にややこしいことです。

ただ、医学ではそこにいない人物などが見えるのは認知症の一種だと断定してますが、

実際は霊を見ているのかもしれないとも言えるわけです。

精神病は医学では脳の病気としてますが、霊能者によると、

精神病の多くは脳の病気ではなく霊障によるものが大半だと言ってるようですし、

霊の存在を否定して脳の障害としてるのは現代医学の一方的な見方でしかないとも言えるわけです。

 

 

 

 

 

 

霊視か? レビー小体型認知症か?

こんばんわ、光です。

本来そこにいない人や動物が見える場合、

その見えている人や動物は霊なのかと思ってしまいますが、

認知症でもそういう症状が出てくるそうですね。

私は近頃まで知らなかったのですが、

認知症の中でもレビー小体型認知症では

そこには存在しない人や小動物が鮮明に見えるそうなんです。

それで思い出したんですが、

3年前に90歳で亡くなった私の伯父は亡くなる数年前から

認知症グループホームに入所していたんですが、

伯母の話によると、その少し前から幻覚が見えていたそうなんです。

例えば、夜、トイレの灯りを点けっぱなしにしてるので、伯母が灯りを消そうとすると、伯父が「今、人がトイレに入ってるから電気を消してはいけない」と言っていたそうで、それが時々あったそうなのです。

それについては伯母は「ボケてるから」と言ってましたが、

私はもしかして伯父は霊が見えてるのかなと思ってたものです。

しかし、実際、伯父は認知症と認定されて入院し、その後グループホームに入ったので、認知症であったのは確かなので、

そこにいない人が見えていたのはレビー小体型認知症による幻覚だったのかとも思ってるわけなんですが、

そこにいない人や小動物が見えるというのは霊視なのかレビー小体型認知症による幻覚なのか、なかなか分かりづらいですね。

霊を否定する唯物論者からすれば霊感の強い人や霊能力者が見えている霊体は全部レビー小体型認知症の症状だと主張することでしょうし、霊の正体は認知症による幻覚に過ぎないと断定することでしょう。

例えば私に、そこにいない人の姿がはっきり見えるようになった場合、それは実際に霊が見えているのか、それともレビー小体型認知症にかかってしまって幻覚が見えているのか、なかなか判断できないと思います。

こういうところもスピリチュアル思想がなかなか科学者に受け入れられない点でもあるようですね。

 

 

 

ドナルド・キーンさんの前世は日本人だったのか

2月24日、アメリカ出身の日本文化研究家であったドナルド・キーンさんが96歳で亡くなりました。

2011年に日本国籍を取得していたそうです。

アメリカ人でしたが、日本文化を理解し日本を愛していたんですね。

やはり、このような人は前世は日本人だったのでしょうか。

そう思ってたら、キーンさんご自身も

「もしかしたら、私は前世において日本人だったのだろうか」と述べていたそうです。

それは次の記事にも現われていると思います。

 

(『リテラ』より引用(https://lite-ra.com/2019/02/post-4568.html))

 

2011年3月11日、キーン氏はニューヨークにいた。アメリカのテレビでも日本を襲った未曾有の災害の様子は盛んに報道されており、キーン氏も太平洋を隔てた遠い地からテレビにかじりついて情報収集していた。そのとき、キーン氏の心のなかに浮かんだ感情は「帰りたい」というものだったという。

『日本の美徳』のなかでキーン氏は「私は震災があったことで、日本国籍を取得しようと、ハッキリと心が決まりました。とにかく一日も早く、日本に「帰りたい」と思ったのです」と語る

 

また、同じ記事で次のような『日本の美徳』からの引用が書かれています。

「日本の国籍を取得してからは、私は日本人としてきちんと意見を言わなくてはいけないと考えるようになったのです」
「日本人になったからには、これまで遠慮して言わなかった日本の悪口も、どしどし言うつもりです(笑)」

単なる親日家ではなく、やはり前世は日本人だったのではないかと思える発言ですね。

そんなドナルド・キーンさんは、日本文化を世界に紹介し広めてくださいました。

謹んでご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

高橋信次氏について2

前回の続きです。

高橋信次氏の著書を初めて読んだ頃、

高橋氏はまだ存命中だと思っていたんですが、

しばらくして同じく図書館で高橋氏の長女・高橋佳子氏の著書

『真創世紀』三部作(地獄編・天上編・黙示編)を読んで、

そこで初めて高橋信次氏がずい分前に亡くなっていることを知ったのです。

実は最初、高橋信次氏の著書を読んで感銘を受けた時、

高橋氏が設立したGLAに入ろうかと思ったりしてたんですが、

近くにGLAに関する施設など何もなく、

どうしようかと思っていたところで、

高橋信次氏がすでに亡くなっているのを知り、

その時は慌てて入る気持ちも失せてしまったんです。

しかしそれでもそのうち機会があれば入会しようかなと思っていたんですが、

それから数年後、新聞に載っていた新宗教を解説している新刊書の広告を見て、

それにGLAのことも書かれていたので、さっそく書店で注文して読んでみたんですが、

その中で、高橋信次氏没後のGLAについても書かれてあったのですが、

そこでGLAが高橋氏が亡くなった直後いくつもの宗派に分裂してしまったということを知ったのです。

高橋信次氏の長女・佳子氏が2代目主宰者になったのですが、

その途端、自身を大天使ミカエルとして個人崇拝によるメシア信仰になってしまったそうで、それに反発した幹部や会員が離れていき、

それぞれに新しい宗派を作って別れていったというのです。

長女が2代目教祖としてそのまま順調に会は運営されていたのかと思ってたら、

大きな波乱が起きていたんですね。

何しろ当時はインターネットのない時代だったので、

高橋信次氏やGLAに関することはテレビでも新聞などでも報道されないので調べることもできず、何も分からない状態だったので、その本を読んで驚いたものです。

後から思えば慌てて入会しなくて良かったなとも思ったわけなんですが、

ただ、近頃の高橋佳子氏の著書を読んでみると、

昔の個人崇拝によるメシア信仰らしきものはなくなってましたね。

ただ、高橋信次氏の思想をそのまま説いているわけではなく、

独自の理論を構築されているようです。

それでもその土台には高橋信次氏が説いていた人間の本質としての心のあり方というものがあるようですね。

実際に入ってみないと分からないとは言えますが、

著書などから見ると、今はまともな教団になっているのではないかという印象を受けました。

ただ、もう今の私は特に宗教団体に入ろうという気持ちはないです。

丹波哲郎氏があの世に宗教はないと言い、

美輪明宏氏が「信仰は心の鍛錬、宗教は企業」と言われていたように、

宗教は人間によって運営されているものであり、

本当に正しい宗教はこの世にはないと私は思っているので、

極力特定の宗教には入らないようにしてるからです。

結局、この世に本当に正しい宗教はないので、

高橋信次氏が設立したGLAも高橋氏没後分裂してしまったのでしょう。

 

 

 

 

高橋信次氏について

こんばんわ、光です。

今回は、私がスピリチュアル思想に出会った初めの頃、

大きな影響を受けた高橋信次氏について書いてみたいと思います。

高橋信次氏は霊能力者にして宗教家で、GLAという教団の教祖になります。

初めて高橋氏のことを知ったのは、近くの図書館で『人間・釈迦』という著書を借りて読んだのが始めです。

そこから『心の原点』『心の対話』『心眼を開く』『心の指針』『心の発見』を次々に読んでいき、その真理観・宗教観に共感していきました。

 というのも、それまで自分の家の宗教(法華経系仏教教団)に感じていた矛盾点・疑問点 に対して、一宗一派的な偏狭な思想ではないもっと根源的な真理(神理)の立場に立った高橋氏の考え方と行動に共感していったからなのです。

高橋信次氏をネットで調べてみると、中には高橋氏を批判する内容の記事も出てきますが(主に5ちゃんねるや2ちゃんねる系)、圧倒的に高橋氏を称賛する内容が多いですね。

例えば次のブログを御覧ください。

 

happynet.jp

 

上のブログは高橋氏をよく知る人物の高橋氏評ですが、

このような内容を読むと、高橋氏の人間性がよく表されていると思いますし、

信頼できる人物だったと感じます。

世の中には庶民の宗教を標榜し、自分も庶民であることを宣伝している宗教家もいますが、そういう宗教家でも実は贅沢な暮らしをして信者を自分たちの都合のいいように利用してるだけという実情が多いです。

そういう中にあって高橋氏は数少ない信頼できる人物だったのではないかと思えます。

そうであったからこそ、GLAという教団は小さい規模の教団だったのにも拘わらず、その死後、今でも大きな影響を与え続けているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親子の過去世の関係

このところ、親が子供を虐待する悲惨な事件が続いていますが、

こういう親子関係というのはスピリチュアル的に見ると

過去世では敵同士だったとか、今世で虐待されてる側が過去世では虐待している側で、

カルマの刈り取りのため立場を逆転して生まれ合わせたということになるんでしょうか。

よくスピリチュアルでは、子供は親を選んで生まれてくると言われてますが、

虐待される子供は虐待されるために親を選んできたということになるんでしょうか。

このように書くと、「それは虐待を正当化することになるだろ」と言われそうですが、

スピリチュアル的には過去世の何らかの因縁があるのでしょう。

当然ですが、この世を生きていればどうしても現世での見方しかできませんが、

スピリチュアル的には過去世からの因縁というものが絡んでいるので、

現世での見え方だけでは判断できない面があるようです。

それでも、親による子供の虐待事件を見るのは辛い気持ちになりますし、

そういう事件はなくなって欲しいと思います。

 

 

 

 

あの世に還ってやりたいこと

こんばんわ、光です。

以前の記事にも書いたかもしれないですが、

私はあの世に還ったら、真理について探求していこうと思っています。

この世ではいくら真理について研究して考察していっても、

江原啓之氏などのような霊能力がなければただ推測するしかなく、

それではいつまで考え続けていても結局真理は分からないからです。

一応、霊能者などの言ってることを「そうなんだろうな」と信じたりしてますが、

しかし、その霊能者の言ってることも、だいたいのところでは共通していても、

細かいところではそれぞれ違っていたりして、どれが真実なのか分からないところもあるからなんです。

なので、自分のような無能力者は、あの世に還ってこの目で見るしかないと思うわけです。

ただ、あの世は自分の魂のレベルによって住む場所に違いがあり、低いレベルの世界ではそこまでしか分からないので、真理の全てを知るということはできないようです。

私などもそれほど高いレベルの世界に行けるとは思えないので、

あの世に還っても真理の全てを知るのは難しいのかもしれないですね。

しかしそれでも、あの世では低いレベルの霊はもっと上の次元の世界には行けませんが、高いレベルの霊は低いレベルの世界に降りていくことができるということなので、

そして、そういう高級霊が低いレベルの霊を指導するために下の次元の世界にも来てくれるようなので、そういう機会に真理についてあれこれ質問して探求していくことはできるようです。

なので、私はあの世では高級霊に来てもらってまだ自分が知らないこと、知りたいことを聞きまくって真理について探求していこうと思ってます。

そういうことを考えると、あの世に還るのも楽しくなってきますね。

 

 

 

 

 

 

霊の性別について

こんばんわ、光です。

昔から疑問に思っていたことなんですが、

霊そのものには性別はあるのかないのか。

臨死体験者や霊能者などの霊界の話などを読んだり聞いたりすると、

あの世では男も女もいるようですが、霊自体に性別があるのかどうか。

この点については丹波哲郎氏も江原啓之氏も霊には性別はないと言ってました。

私もそれが正しいと思うんですが、大川隆法氏によればもともと男性霊と女性霊と、

霊にも性別はあると言ってるようです。

霊は輪廻転生では男にも女にも生まれ変わってくるそうですから、

もともと性別はないのではないかと思うんですがどうなんでしょうか。

また、いわゆるおネエと言われてる人など、性同一性障害の人たちは

肉体と心が合わないという悩みを持っていてそれで性転換してるわけなんですが、

そういう人たちは肉体を間違って選んでしまったのか、

それともそういう試練を選んで生まれてきたのか、

そういうところも疑問でしたが、ネットでスピリチュアル系を見ていると、

やはり純粋に魂を磨くためにあえて難しい状況を選んできてるようです。

魂の修行のためとはいえ、ややこしい試練を選んでいるわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

類魂と生まれ変わりの仕組みについて

こんにちわ、光です。

スピリチュアル思想では、

私たちがこの世に生まれてくる目的は魂の向上のためであり、

その魂の修行のために何度もこの世に生まれ変わってくるということですが、

私などは今までそれが苦になっていて、「かなわんなぁ」という気分でしたね。

来世こそは幸福な思い通りになる人生に生まれ変わってくるぞと、

この世に何度も生まれ変わってくることに前向きな人もいるとは思いますが、

私は逆に、自分の魂のレベルが上がるまでこの苦しみの人生に何度も生まれ変わってこなければならないのかと思うと何だか気の遠くなるような気持ちでため息が出てました。

スピリチュアル思想を知り始めの頃はそういう考えを持っていたんですが、

その後、類魂という思想に触れてからは少し考えが変わりました。

私たちはあの世では1匹狼のように全くの1人でいるわけではなく、

類魂という魂のグループ(グループソウルとも言います)にそれぞれ属しているそうで、

実は、魂のレベルが上がるまでずっと1人でこの世に生まれてこなければならないというわけではなく、

1人の魂がある程度この世に生まれ変わって体験したら、その後はグループ内の他の魂が代わってこの世に転生してくるそうです。

そうやって1人1人は何回か生まれては次の魂にバトンタッチするそうで、

グループ内の他の魂が現世で体験してることはあの世に残っているグループ内の他の魂たちも共有していて、自分が生まれ変わらなくても体験した内容を知っているということです。

なので、完全に魂のレベルが上がるまで自分1人がずっとこの世に生まれてこなければならないということはないそうなんです。

それを知って私はホッとしてるところなんですが、

とにかく、私は今世の人生が終わった後は他の類魂にバトンタッチして、

私自身がこの世に転生するのは今回で終わりにしたいと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ移転完了しました

お久しぶりです、光です。

今までブログ投稿に使っていた「はてなダイアリー」が今年の春で廃止になるそうで、

それで、こちらの「はてなブログ」に移転するようにという知らせが入っていたので、

慌てて移転作業をして完了しました。

このところブログから遠ざかってましたが、

ブログ移転を機にまた記事を書いていこうと思っています。

まあいつまでこの気持が続くか分かりませんが、

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

ダーウィンの進化論が崩壊か?

皆さんこんばんわ、久しぶりの光です。

きょうはダーウィンの進化論が崩壊するかもしれないという大ニュースをご紹介します。
私が下手な文章で説明するよりも、こちらが分かりやすいのでまずはこちらを御覧ください。

↓  ↓  ↓

https://indeep.jp/dna-barcoding-survey-reveals-new-evolution-theory/


スピリチュアルでは進化論を否定してますが、それが証明されるような報道になるのかもしれないですね。

地球の人類は、その昔、ベータ星から宇宙船に乗ってやってきたという高橋信次氏の主張も実証されることになるのでしょうか?

それにしても、これだけの大ニュースなのに、日本のマスコミでは報道されてないそうです。
日本ではダーウィンの進化論が最も科学的に正しいと信じられてるので、
マスコミも胡散臭いと思われるニュースは報道しないのでしょう。

ただ、この大ニュースがフェイクニュースでなければいいんですが…💧

塩を使った除霊

こんばんわ、光です。

除霊と言えば、塩を使った方法もよく聞きますね。
それで、こちらのサイトに塩を使った除霊法が詳しく書いてありますので、
参考にされてください⇒http://spitama.net/oharai-jorei/jyorei-shio/

塩による除霊法と言えば盛り塩がよく知られてますが、
私も玄関やトイレや浴室などに盛り塩してます。
風水でも盛り塩はよく言いますが、
風水では、使う塩は粗塩でなければ効果がないというように聞いてたんですが、
ここにリンクしたサイトでは、
別に粗塩でなくても、普通の食塩で良いように書いてますね。
風水にしても除霊などにしても
風水師や霊能者によって言ってることが違ってるところがあるので、
どれが正しいのか判らないということがあります。
統一しておいてもらいたいところなんですが、
やはり、なんでもそうですが、
完全に正解というものがないものなんでしょう。
比較的信頼できそうなのは江原啓之氏あたりですかね。

ただ、塩による除霊法も、強力な悪霊には効果がないそうです。
やはりお手軽な方法では強力な霊には効かないものなんでしょう。

ファブリーズで除霊?

こんにちわ、光です。

最近、除菌スプレーのファブリーズで除霊ができるという話が話題になってるらしいです。


詳しくはこちらを御覧ください⇒http://spitama.net/oharai-jorei/febreze-jorei/


ファブリーズで除菌だけでなく除霊までできてしまうとは、ただのおもしろ話の類かと思ったんですが、
これが根拠があるようなんです。

霊(低級霊)はこの世で生命活動しているものに引き寄せられて取りつく性質があるそうで、
それは人間だけでなく、動物にも微細な菌にも集まってくるそうなんです。
そのため細菌などが繁殖してしまう場所にも霊がたまりやすくなるそうです。
それで、その細菌を取り除くと、霊も取りつくものがなくなるため、いなくなってしまうのだそうです。
だからファブリーズで除菌すると霊もいなくなるので、ファブリーズで除霊ができるということらしいです。
初めこの話を見たとき、ほんとかな?と思ったんですが、この理屈を見るとなるほどなと納得してしまいますね。
ファブリーズでスプレーするだけでなく、部屋を清潔にしたり、こまめに掃除することでも除霊効果はあるそうですし、
ファブリーズ以外の消臭剤などでも除菌効果のあるものなら効果があるそうです。
以前に、カビが生えてる場所には低級霊がたまりやすいという話を聞いたことがありますが、
それもこういう理屈だったんですね。
また、風水でも、部屋を整理整頓し、こまめに掃除すると運気が上がると言ってますが、
それもこういう理屈なのでしょう。

ただ、この方法は、強力な霊には効果がなく、
また、浮遊霊ではなく、場所に取り付いている地縛霊にも効果がないそうです。

私も忙しさにかまけて、部屋の整理整頓ができずに汚部屋になりかかってますので、
そろそろ本腰入れて部屋の片付けをやっていこうと思ってます。

幽体離脱について

前回の記事で、
幽体離脱のことを書いたので、
もう少し掘り下げて書いてみます。

幽体離脱の方法については
こちらのサイトに詳しく書いてあります。

http://spitama.net/spiritual/yutairidatu-matome/

幽体離脱は何だか怖いような楽しそうなでワクワク感がありますが、
危険もあるそうです。
その中で最も危険そうなのが、肉体に戻ったとき、
低級霊などの悪霊をお持ち帰りしてしまうことだそうです。
つまり、その辺りにいる浮遊霊など低級霊が、
肉体に戻るとき、一緒についてきてしまい、
肉体に憑依してしまうということらしいです。
そうなったらお祓いをして除霊か浄霊をしてもらう必要があるとのこと。
それは確かに面倒なことですね。

あと、私は幽体離脱したとき、肉体に戻れなくなる心配もあるんじゃないかと思ってたんですが、
幽体離脱の状態を維持するのは難しいらしく、
ちょっとした驚くようなことがあると
すぐ肉体に引き戻されてしまうそうなんです。
だから肉体に戻れなくなるという心配はないそうです。

それについて、私は今まで、
幽体離脱してそのまま肉体に戻らないならどうなるかと考えていたことがあって、
肉体に戻らないあるいは戻れないなら、
肉体は眠った状態になってると思うんですが、
そのまま放置しておくと、栄養が得られなくなり、
やがて死んでしまうんじゃないかと考え、
それなら、そういう死に方もできるんじゃないかと考えていたことがあったんです。
つまり、痛みのない苦しむこともない死に方として幽体離脱したまま肉体に戻らない
という方法はいいのではないかと思ったりしてたんです。
しかし、それだと自殺になってしまうんじゃないかとか、そういう心配もしてましたが、
結局、ちょっとしたことで肉体に引き戻されてしまうのなら、
幽体離脱したまま死ぬということもできないわけで、
無駄な考えだったなと思ってるところです。

結論として、幽体離脱は特別な霊能者でなくても、
普通の人でもできないことはないということらしいです。

うらやましい体験

昨日の続きですが、
前世の記憶というと、
幼い子どもが前世を覚えているという話は時々話題になり、
そういう事例を集めた本も出てますが、
大人になってから前世を思い出すというのは珍しいですね。
やはり自殺未遂とか、事故にあったりとか、
かなりの衝撃に遭ったとき、そういうことが起きるようです。

私の場合は、夜中に金縛りに遭ったことが何度かあり、
あと父親の葬式後、ポルターガイストのような音が部屋の中でしたことはありますが、
前世を思い出したり臨死体験したり幽体離脱したり霊を見たりといったことはないです。
霊は見たいとは思いませんが、前世を思い出したり幽体離脱はしてみたいと思ったりしますね。
以前にも書きましたが、生まれて4日目に死にかけたときも臨死体験はしてないです。
せっかく死にかけたのだから臨死体験しておきたかったなと今でも思ってます。
だから、前世を思い出したり幽体離脱したという人の話を聞くと、
うらやましくなってしまいます。
幽体離脱の場合だと、コツがあってそのコツをつかむとできるというようなことが
ネットでも書かれてますが、
そのコツが難しそうですね。
話が少し脱線してしまいましたが、
私はそういう体験は無理なようです。